Select Language

新規注文画面からの指値・逆指値注文とストップリミット注文の仕方

価格を指定して注文を出す方法に「指値注文(リミット注文)」「逆指値注文(ストップ注文)」「ストップリミット注文」があります。「指値注文」は、現在のレートよりも有利なレートになった場合に、「逆指値注文」は、現在のレートよりも不利なレートになった場合に、注文が執行されるよう価格を指定します。「ストップリミット注文」は、指定したトリガー価格に到達すると、指値注文が発動する、条件付きの指値注文です。

手順1

ツールバーの「新規注文」ボタンをクリックします。

参照:新規注文画面の表示方法

手順1 手順1

手順2

新規注文画面内の「銘柄」選択欄をクリックして、注文を出す銘柄を選択します。

手順2 手順2

手順3

「タイプ」選択欄をクリックして、「指値注文(Pending Order)」を選択します。

手順3 手順3

手順4

「タイプ」選択欄にて指値注文・逆指値注文・ストップリミット注文の種類を選択します。

手順4 手順4
  1. Buy Limit

    Buy Limit

    買い指値注文。現在のレートよりも低い価格を指定し、買い注文を入れる場合、Buy Limitを選択します。指定価格には、現在のAsk値よりも低い価格を指定します。

  2. Buy Stop

    Buy Stop

    買い逆指値注文。現在のレートよりも高い価格を指定し、買い注文を入れる場合、Buy Stopを選択します。指定価格には、現在のAsk値よりも高い価格を指定します。

  3. Buy Stop Limit

    Buy Stop Limit

    買いストップリミット注文。現在のレートより高い値でトリガー価格を指定すると、トリガー価格に到達した際に、買い指値注文が発動します。

  4. Sell Limit

    Sell Limit

    売り指値注文。現在のレートよりも高い価格を指定し、売り注文を入れる場合、Sell Limitを選択します。指定価格には、現在のBid値よりも高い価格を指定します。

  5. Sell Stop

    Sell Stop

    売り逆指値注文。現在のレートよりも低い価格を指定し、売り注文を入れる場合、Sell Stopを選択します。指定価格には、現在のBid値よりも低い価格を指定します。

  6. Sell Stop Limit

    Sell Stop Limit

    売りストップリミット注文。現在のレートより低い値でトリガー価格を指定すると、トリガー価格に到達した際に、売り指値注文が発動します。

手順5

「数量」欄にて、取引数量をロット単位で設定します。指値注文・逆指値注文・ストップリミット注文の価格を指定し、必要に応じて、ストップリミット価格、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)、有効期限、コメントの設定を行います。

手順5 手順5

番号

項目名

説明

1

数量

取引数量をロット単位で設定します。数量を直接入力、または、右側の▼▲マークをクリックして設定します。

2

価格

指値注文価格・逆指値注文価格・ストップリミット注文価格(ストップリミット注文が発動するトリガー価格)を設定します。価格を直接入力、または、右側の▼▲マークをクリックして設定します。

3

Stop Limit 指値

ストップリミット注文時の指値注文価格を設定します。価格を直接入力、または、右側の▼▲マークをクリックして設定します。

4

Stop Loss

決済逆指値(S/L)を設定します。価格を直接入力、または、右側の▼▲マークをクリックして設定します。

参照:決済逆指値(S/L)をポイントで指定する方法

5

Take Profit

決済指値(T/P)を設定します。価格を直接入力、または、右側の▼▲マークをクリックして設定します。

参照:決済指値(T/P)をポイントで指定する方法

6

期限・有効期限

指値注文・逆指値注文の有効期限を設定します。有効期限の日時を指定する場合は、「期限」選択欄にて「日時指定」を選択し、有効期限欄にて日時を指定します。時間はサーバ時間が基準です。

7

コメント

注文にコメントを付与することができます。残したコメントは、後で見返すことができるため、メモ機能としてご利用頂けます。

手順6

「注文」ボタンをクリックします。

手順6 手順6
caution 「注文」ボタンが有効にならない場合

指値注文・逆指値注文・ストップリミット注文の際、現在の価格に対して、一定のポイント数を離して、設定を行う必要がある場合があります。この指値幅をストップレベルといい、ストップレベル値はFXブローカー、口座タイプ、銘柄によって異なります。「注文」ボタンが青色、または赤色に反転しない場合は、ストップレベルよりも狭い値を指定していないかご確認ください。

参照:ストップレベル値などの取引条件を確認する方法

「注文」ボタンが有効にならない場合 「注文」ボタンが有効にならない場合
point ティックチャートについて

MetaTrader5の新規注文画面では、ティックチャートを確認することができます。ティックとは、プライス更新時の最小単位のデータです。相場の値動きを最小単位で確認できるティックチャートは、注文時のタイミングの精度を高めるデータとなります。新規注文画面のティックチャートでは、指定価格、Ask値、Bid値、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)、ストップリミット値を確認することも可能です。

手順7

注文発注後、ツールボックス内の「取引」タブ内の残高行の下側に予約注文として、注文内容が反映されます。

手順7-1 手順7-1

指定価格に到達すると、注文が執行され、残高行の上側に保有ポジションとして、注文内容が反映されます。

手順7-2 手順7-2

動画


Date

作成日

 : 2020.10.20

Update

最終更新

 : 2021.11.03

著者情報

中丸 貴仁 | Takayoshi Nakamaru

マニュアル制作コンサルタント歴12年 経営学修士(MBA)

arw
Takayoshi Nakamaru

マニュアル制作会社フィンテックスにて、マニュアルに関する様々な顧客課題解決に従事。金融系からエンターテインメント系まで様々な経験から幅広い業務知識を得て、「分かりやすいマニュアル」のあるべき姿を提示。複数の大企業で、外部マニュアル制作プロジェクトマネージャーを兼務している。

【企業情報】
http://www.fintecs.co.jp/profile/

監修者情報

高木 明 | Akira Takagi

システムエンジニア・MetaTraderアドミニストレータ

arw
Akira Takagi

2014年、ブラジルUninove大学 コンピュータ科学科を卒業し、その後、様々なシステム開発に携わる。
2019年にFXサービス立ち上げに開発者として参加。その後、MetaTraderのプラグインおよびAPIの開発にも従事。MetaQuotes社認定の、MetaTrader5 Administratorの資格を保持しており、開発だけでなく、コンサルティングやアドバイザーとしても活躍している。


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する