Select Language

検索結果 | MetaTrader5 ご利用ガイド

"ティック"の検索結果 17 件

blockHeadVisual

検索結果

表示件数:


  1. IFO注文(イフダンオーシーオー注文)の仕方

    注文・決済(PC編)
    IFO注文(イフダンオーシーオー注文)とは、「If Done, One Cancel the Other」の略で新規指値・逆指値注文や、ストップリミット注文を出す際に、同時に利益確定のための決済注文や、損切のための決済注文を設定する注文方法です。利益または損切どちらかの決済が確定したら、もう一方の注文は自動的にキャンセルされます。
  2. MetaTrader5のショートカットキー操作

    MetaTraderの基礎知識(PC編)
    ショートカットキーにより、各ウインドウの開閉や、気配値表示やチャート上での操作をキーボードを使って操作することができ、MetaTrader5の操作効率を高めることができます。尚、気配値表示やチャートの操作をショートカットキーで行う場合、ウインドウをクリックし、アクティブな状態にしておく必要があります。
  3. MetaTrader5の初期画面と見方

    MetaTraderの基礎知識(PC編)
    MetaTrader5を初めて起動した際に表示される初期画面では、MetaTrader5の主要ツールが表示されています。ここでは、MetaTrader5の初期画面に表示される各ツールの名称と見方や用途について説明します。
  4. インディケータを作成する方法

    EA・インジケータ・オブジェクト(PC編)
    MetaTrader5でインディケータを作成する際、メタエディターと呼ばれるプログラムツールを利用し、MetaTrader5専用のプログラミング言語であるMQL5というプログラミング言語を使ってプログラムを記述します。ここでは、MetaTrader5にて、インディケータを作成する方法を説明します。
  5. オンバランスボリュームの表示・設定方法

    EA・インジケータ・オブジェクト(PC編)
    オンバランスボリューム(On Balance Volume)とは、アメリカのジョゼフ・E・グランビル氏によって考案されたテクニカル指標です。オンバランスは「差し引き」、ボリュームは「出来高」を意味し、出来高の差額を累積で算出することによって、出来高を指数化したインジケーターです。買いの注文が多ければ上昇し、売りの注文が多ければ下降します。
  6. チャートにティックボリュームを表示する方法

    チャート表示(スマートフォン・タブレット編)
    iOSやAndroidのスマートフォンやタブレット端末対応のMetaTrader5アプリにて、チャートにティックボリュームを表示する方法を説明します。MetaTrader5で表示される、ティックボリュームは、FXブローカーが配信するティック数を示し、出来高は売買注文が成立した数量を示します。
  7. チャートに出来高を表示する方法

    チャート表示(スマートフォン・タブレット編)
    iOSやAndroidのスマートフォンやタブレット端末対応のMetaTrader5アプリにて、チャートに出来高を表示する方法を説明します。MetaTrader5で表示される、出来高は売買注文が成立した数量を示し、ティックボリュームは、FXブローカーが配信するティック数を示します。
  8. チャートの表示項目を設定する方法

    チャート表示(PC編)
    チャートへ表示する項目は、チャートのプロパティ画面から選択することができます。
  9. ティックチャートを表示・設定する方法

    ウインドウ表示(PC編)
    MetaTrader5では、ティックチャートを気配値表示や新規注文画面で確認することができます。ティックとは、プライス更新時の最小単位のデータであり、ティック単位の値動きを描画したチャートを、ティックチャートといいます。ティックチャートは、プライスの動きを最も早く見ることができるチャートであり、スキャルピング(数秒から数分で小さな利益を積み重ねていく取引方法)などの超短期取引時などに、よく活用されます。
  10. ヒストリカルデータをインポートする方法

    その他の機能(PC編)
    MetaTrader5では、21種類の時間足のヒストリカルデータに加え、ティックデータをインポートすることも可能です。ティックデータとは、プライス更新時の最小単位のデータであり、ティックデータのインポート機能は、MetaTrader4には標準搭載されていない、MetaTrader5ならではの機能です。ティックデータをインポートすることで、バックテストの精度を高めることが可能となります。
  11. ヒストリカルデータをエクスポートする方法

    その他の機能(PC編)
    MetaTrader5では、21種類の時間足のヒストリカルデータに加え、ティックデータをエクスポートすることも可能です。ティックデータとは、プライス更新時の最小単位のデータであり、ティックデータのエクスポート機能は、MetaTrader4には標準搭載されていない、MetaTrader5ならではの機能です。
  12. ヒストリカルデータをダウンロードする方法

    その他の機能(PC編)
    MetaTrader5では、21種類の時間足のヒストリカルデータに加え、ティックデータをダウンロードすることが可能です。ティックデータとは、プライス更新時の最小単位のデータであり、ティックデータのダウンロード機能は、MetaTrader4には搭載されていない、MetaTrader5ならではの機能です。
  13. 新規注文画面からの成行注文の仕方

    注文・決済(PC編)
    注文時に注文価格を指定せず、現在のレートで注文を出すことを「成行注文」といいます。成行注文には、成行買い注文と成行売り注文の2種類があり、最初に売りから注文を入れることもできます。
  14. 新規注文画面からの指値・逆指値注文とストップリミット注文の仕方

    注文・決済(PC編)
    価格を指定して注文を出す方法に「指値注文(リミット注文)」「逆指値注文(ストップ注文)」「ストップリミット注文」があります。「指値注文」は、現在のレートよりも有利なレートになった場合に注文が執行するよう価格を指定する注文方法です。
  15. 板注文画面を表示・設定する方法

    注文・決済(PC編)
    板情報では、どの価格に対し、どのくらいの売買注文が入っているのかを確認することができ、売買の活発度から流動性を把握することができます。MetaTrader5では、板注文画面にて、板情報を確認できる他、ティックチャートの表示や、板情報を参照しながら注文を出することも可能です。
  16. 気配値表示で銘柄の詳細を表示する方法

    ウインドウ表示(PC編)
    気配値表示には、「銘柄」「詳細」「プライスボード」「ティック」の4つのタブがあり、「詳細」タブでは、選択した銘柄の「前日の終値」、「当日の高値・安値・始値」、「前日比変動幅」、「現在の売買価格」といった詳細が一覧で表示されています。
  17. 気配値表示の表示項目を変更する方法

    ウインドウ表示(PC編)
    気配値表示の「銘柄」タブでは、各銘柄の気配値情報以外にも、スプレッドや価格配信の最終更新時間など、様々な情報を表示することができます。FXブローカーが公開していない項目においては、情報は表示されません。

表示件数:

全件数: 17 1/1


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する