Select Language

検索結果 | 投資/FX用語解説集

検索結果

表示件数:


  1. マクロ経済

    マクロ経済とは一国の経済、あるいは世界経済といった大きな経済を捉える際の枠組みです。
  2. マジックナンバー

    マジックナンバーとは、世界的に有名なFX取引プラットフォームであるMetaTrader4(MT4)/MetaTrader5(MT5)で使用される売買注文の識別番号のことです。
  3. マイニング

    マイニングとは、ブロックチェーンによる仮想通貨(暗号通貨)のトランザクション(取引)を承認するための計算を実行し、その成功報酬として仮想通貨を取得することを指します。
  4. マイナー通貨

    マイナー通貨とは、外国為替市場において取引量が多く流動性の高いメジャー通貨以外の通貨のことをいいます。
  5. マネーストック

    マネーストックとは、金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量を示す指標で、「通貨供給量」とも呼ばれます。
  6. マザーズ

    マザーズとは、東京証券取引所に開設されているベンチャー企業向けの株式市場のことです。
  7. 窓開け

    窓開けとは、チャート上のローソク足とローソク足の間に大きな空間(窓)が開くことです。チャートの上方向に窓を開けることを「上窓」、下方向に窓を開けることを「下窓」と呼びます。
    窓開け
  8. マーケットエクスキューション

    マーケットエクスキューション(Market Execution)とは、トレーダーによる注文をそのままカバー先金融機関に発注し、その金融機関で約定が行われる方式のことです。
    マーケットエクスキューション
  9. マージンコール

    マージンコールとは、FXで保有しているポジションの含み損が拡大して証拠金維持率が一定水準を下回った場合に、FX会社から届く通知のことで、強制ロスカットの危険性が高まった旨が記載されています。
    マージンコール
  10. マイニングプール

    マイニングプールとは、複数のコンピューターで仮想通貨(暗号資産)をマイニングする仕組みのことです。
    マイニングプール
  11. マルチタイムフレーム分析

    マルチタイムフレーム分析とは、チャート分析において短期足から長期足まで複数の時間足のチャートを総合的に分析して、売買戦略を立てる考え方のことです。
    マルチタイムフレーム分析
  12. マルチシグ

    マルチシグとは、仮想通貨(暗号資産)の送金時に複数の電子署名を必要とするセキュリティ技術のことです。
    マルチシグ
  13. マイナス金利

    マイナス金利とは、その名の通り金利がマイナスの状態になっていることを表す言葉です。一般的に、民間の金融機関が中央銀行に預ける際の金利がマイナスになることを指します。
    マイナス金利
  14. マイナススワップ

    マイナススワップとは、FXでポジションを保有したときに、スワップポイントの支払いが発生することをいいます。スワップポイントは、通貨同士の金利差に基づいて決定されます。
    マイナススワップ

表示件数:

全件数: 14 1/1


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する