Select Language

検索結果 | 投資/FX用語解説集

"ボラティリティ"の検索結果 11 件

blockHeadVisual

検索結果

表示件数:


  1. ATR

    ATRとは、過去の一定期間の相場のボラティリティ(価格変動幅)の平均を表示するテクニカル指標です。
    ATR
  2. VIX指数

    VIX指数とは、米国の代表的な株価指数であるS&P500の、今後30日間に予想されるボラティリティ(変動幅)の大きさを示す指数であり、「恐怖指数」とも呼ばれます。なお、VIXとは「Volatility Index」の略です。
    VIX指数
  3. エンベロープ

    エンベロープとは、移動平均線に対して一定の乖離幅で線を引いたテクニカル指標のことです。価格が移動平均線からどのくらい乖離したかを見るために用います。日本語では移動平均乖離率バンドと呼ばれています。
    エンベロープ
  4. 高頻度取引(High Frequency Trading、HFT)

    高頻度取引(High Frequency Trading、HFT)とは、コンピューターを駆使して、所定のアルゴリズムに沿った超高速・高頻度の取引を自動で行うことを指します。
  5. バンドウォーク

    バンドウォークとは、テクニカル指標のボリンジャーバンドで見られる、トレンド発生を示唆するパターンです。ボリンジャーバンドの±2σのラインに沿って価格が推移することを指します。
    バンドウォーク
  6. 標準偏差

    標準偏差とは、統計学で用いられる用語で、あるサンプル集団にばらばらの数値がある中、それぞれの数値がそれらの平均値からどのくらい広い範囲に分布しているかを示すものです。
    標準偏差
  7. ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンドとは、移動平均線の上下にボラティリティに応じた幅のバンドを引くことにより、価格の変動範囲を予測するのに役立てることができるトレンド系のテクニカル指標です。
    ボリンジャーバンド
  8. ボラティリティ

    ボラティリティとは、レートの変動率、変動幅のことです。FXで為替差益を狙うためには、ボラティリティが高い方が大きな値幅を取れるチャンスが多くなります。そのため、投資家の間では変動幅が大きいことを「ボラが高い」といい、取引のチャンスであると表現することがあります。
    ボラティリティ
  9. マイナー通貨

    マイナー通貨とは、外国為替市場において取引量が多く流動性の高いメジャー通貨以外の通貨のことをいいます。
  10. マザーズ

    マザーズとは、東京証券取引所に開設されているベンチャー企業向けの株式市場のことです。
  11. リセッション

    リセッションとは、景気が下降している状態を指し、日本語では「景気後退」といいます。景気拡張がピークに達したのち、金融政策の変更や過剰在庫などの理由から景気は下降局面に入ります。

表示件数:

全件数: 11 1/1


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル