Select Language

高頻度取引(High Frequency Trading、HFT)

読み方 こうひんどとりひき
同義語 高速取引、アルゴリズム高速取引、High Speed Trading、HST

高頻度取引(High Frequency Trading、HFT)とは、コンピューターを駆使して、所定のアルゴリズムに沿った超高速・高頻度の取引を自動で行うことを指します。1秒間に数千回の取引を行うこともあるほどで、人間には再現できない売買ロジックにより、相場から利益を得ることを目指します。金融工学やAI(人工知能)の進化と共に、その存在感を強めてきました。

2015年1月の日銀レビュー(外国為替市場におけるヘッジファンド:市場構造や価格形成へのインプリケーション)によれば、[1]高頻度取引は市場参加者の癖などをプロファイリングし、電子取引システムや取引所間の情報共有にかかる僅かな「時間差」を利用して、1/1000 秒単位以下のレベルでそれらの時間差よりも早く裁定取引(アービトラージ)を行うケースが多いとされています。

また、高頻度取引は、マーケットメイク戦略としても利用されます。マーケットメイク戦略とは、市場へ売りと買いの両方の注文を出しておくことで、他の投資家の取引相手となり、スプレッドを利益とする戦略です。そのため、銀行のように流動性を提供する役割を果たしているともいわれます。

高頻度取引は株式市場でも為替市場でも存在感を強めており、フラッシュクラッシュ(瞬間的な暴落)の要因の一つだと指摘されることもあります。

knowledge 一瞬で相場が暴落する「フラッシュクラッシュ」とは

高頻度取引では、AIによるアルゴリズムトレードが主となっていることから、1つのアルゴリズムが何らかの判断でポジションを大量にリリースすると、その取引を参照したアルゴリズムが、連鎖的にポジションをリリースし、一瞬で相場が暴落・暴騰する「フラッシュクラッシュ」という現象が生じます。

フラッシュクラッシュ

記憶に新しいところでは、2019年1月3日の為替市場で、ニューヨーク市場のクローズ時間から東京市場のオープン時間の間に、ドル円が数分で約4円も下落しました。これは日本が正月休みだったことに加え、高頻度取引によるアルゴリズムトレードが要因とされています。

これにより、多くの個人投資家がロスカットになり、新年早々、市場からの撤退を余儀なくされたといわれています。

また、高頻度取引をはじめとするコンピューターのアルゴリズム取引の増大により、価格の変動が抑えられ、市場のボラティリティが低下しているとも指摘されています。このように高頻度取引は、市場に多大な影響を与える存在であり、このようなプレイヤーが市場に参加していることを、理解しておく必要があるでしょう。


Date

作成日

 : 2020.10.01

Update

最終更新

 : 2022.04.20

斎藤 陽介 | Yosuke Saito

FXトレーダー&金融情報WEBメディア制作経歴10年

arrow
斎藤 陽介

2009年よりFXを始め、現在トレード歴11年目。
トレードの傍ら、金融情報WEBメディアの制作実務を10年間行う。
FXを中心に株・暗号資産などの金融ディリバティブ取引の記事の執筆を多く手がけ、FX攻略.com等専門メディアへの執筆の経歴あり。
FX関連では、ファンダメンタルズや手法に関する記事からFXのメンタル管理まで、幅広い記事の執筆・監修を行う。

監修者情報

山田 大護 | Daigo Yamada

弁護士:専門分野(企業法務・金融法務)

arrow
山田 大護

1997年に東京大学法学部を卒業し、モルガン・スタンレー証券、ドイツ証券にて金融実務に従事。
2007年に司法試験に合格し、2008年に弁護士登録。
証券会社での金融実務の経験を活かし、「企業犯罪と司法取引」「金融機関の相続手続」等の金融法務関連の書籍を監修。金融実務のバックボーンを活かした企業法務弁護士として活躍する。

【紹介ページ】
http://www.kplaw.jp/lawyers/yamada/

この記事は、お役に立ちましたか?
貴重な意見をいただきありがとうございます。
貴重な意見をいただきありがとうございます。

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。クッキーポリシー

クッキー利用に同意する
share
シェアする
Line

Line

Facebook

Facebook

Twitter

Twitter

キャンセル