Select Language

REIT

REIT

読み方 りーと
同義語 不動産投資信託

REITとは、投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、住居、物流施設といった不動産を購入し、賃貸収入や売買益を投資家に分配する目的で組成された金融商品のことです。「Real Estate Investment Trust」の略字で、日本語では不動産投資信託と呼びます。

REITには、特定少数の投資家に対して販売される「私募REIT」と、不特定多数が購入できる「公募REIT」があります。後者は証券取引所に上場され、証券会社を通じて株式と同じように売買できます。日本の公募REITには「J-REIT」という愛称が用いられています。証券会社で売買できる投資信託という点では、上場投資信託(ETF)に似ている商品です。

現物の不動産とREITには以下のような違いがあります。

現物不動産 REIT
取得費用 数百万円から 数万円から
売買のしやすさ 煩雑 容易
運用・管理 購入者本人 運用・管理会社
リスク分散 難しい 可能
値動き 小さい 大きい

投資する対象は不動産ですが、取引所でリアルタイムに売買できるという性質から、株式やETFと類似した特徴を持っていることが分かります。現物不動産と特に異なる点は「売買のしやすさ」です。現物不動産は相対取引であり、買い手がつかなければ売ることができませんが、REITは取引所での取引なので、換金できないというケースはまれです。他方、REITは経済ショックなどで激しく価格が上下することも珍しくありません。

それでも長期的には株式や債券と値動きが異なるため、分散投資に向いているとされます。また、分配金が大きいことなどから投資家の人気を集めており、複数のREITに投資する投資信託なども販売されています。

knowledge 資産運用の王道「三分法」

古くから伝わる資産運用の「王道」として、株式・不動産・債券に分散投資する「三分法」があります。かつては富裕層しか行うことができない方法でしたが、REITを利用すれば個人投資家でも「王道」の資産運用を行うことが可能です。


Date

作成日

 : 2021.05.07

Update

最終更新

 : 2021.06.08

著者情報

斎藤 陽介 | Yosuke Saito

FXトレーダー&金融情報WEBメディア制作経歴10年

arw
Yosuke Saito

2009年よりFXを始め、現在トレード歴11年目。トレードの傍ら、金融情報WEBメディアの制作実務を10年間行う。FXを中心に株・仮想通貨などの金融ディリバティブ取引の記事の執筆を多く手がけ、FX攻略.com等専門メディアへの執筆の経歴あり。FX関連では、ファンダメンタルズや手法に関する記事からFXのメンタル管理まで、幅広い記事の執筆・監修を行う。


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する