Select Language

検索結果 | 投資/FX用語解説集

  1. HOME
  2. マーケット情報・ナレッジベース
  3. 投資/FX用語解説集
  4. 検索結果

"雇用統計"の検索結果 12 件

検索結果

表示件数:


  1. ADP雇用統計

    ADP雇用統計とは、民間の会社が調査を行った、米国の雇用の状況を示す統計です。労働省が発表する雇用統計の方が重要視されますが、ADP雇用統計は労働省の雇用統計の2営業日前に発表されるため、その結果を予測するための指標として注目されます。

  2. オーバーシュート

    オーバーシュートとは、金融市場において実際の評価とはかけ離れた、行き過ぎた価格の変動が起きることです。

  3. カタリスト

    カタリスト(catalyst)とは、英語で「触媒」を意味し、FXや株などの金融市場においては、値動きを誘発するニュースや材料などのことを指します。

  4. 経済指標

    経済指標とは、世界各国の公的機関や中央銀行、シンクタンクや大学といったさまざまな機関・団体が算出・発表するもので、経済動向(金利や物価、景気など)を数値で把握することができます。

  5. 世界三大市場

    世界三大市場とは、FXの取引量が多い東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場のことを指します。FXにおける市場とは、FXの取引が活発に行われている地域や時間帯を表しています。

    世界三大市場
    世界三大市場
  6. 夏時間

    夏時間(サマータイム)とは、日の長い春から秋にかけての間だけ時計の針を1時間早め、生活時間を繰り上げる制度のことです。サマータイムは和製英語で、英語ではデイライト・セービング・タイム(DST)といいます。

  7. ニューヨーク時間

    ニューヨーク時間とは、米国や欧州の市場参加者を中心に取引が活発に行われる時間帯のことで、日本時間の22時~翌7時(夏時間21時~翌6時)頃にあたります。

    ニューヨーク時間
    ニューヨーク時間
  8. 非農業部門雇用者数

    非農業部門雇用者数とは、米国の農業部門以外の雇用者数の増減を示す数字のことで、米国の労働省が毎月第1金曜日に発表する「雇用統計」に含まれます。

  9. ファンダメンタル分析

    ファンダメンタル分析とは、経済の基礎的条件(英語でファンダメンタルズ)、つまり世界各国や地域の経済指標や金融政策などを基に、今後の値動きを予想する分析手法です。

  10. 冬時間

    冬時間とは、夏時間ではない「標準時間」のことです。欧米諸国等の夏時間を採用している地域では、冬時間から夏時間に入る際に時計の針を1時間早め、夏時間が終わって冬時間に入る際に時計の針を1時間遅くしています。

  11. 米雇用統計

    米雇用統計とは、米国の労働省労働統計局が毎月発表している、雇用状況に関する経済指標のことです。米雇用統計が発表される日程は、毎月第1金曜日が基本です。発表時間は、米国夏時間なら21時30分、米国冬時間なら22時30分になります。

    米雇用統計
    米雇用統計
  12. ヘッジ

    ヘッジ(hedge)とは、FXや株式、債券などの価格変動の悪影響を避け、リスクを減らして安定した運用をするための手段のことをいいます。本来ヘッジとは「垣根」を意味し、転じて「損失の防止策」を指すようになりました。

    ヘッジ
    ヘッジ

表示件数:

全件数: 12 1/1

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する