Select Language

検索結果 | 投資/FX用語解説集

検索結果

表示件数:


  1. 制度信用取引

    制度信用取引とは、株式取引における信用取引の一種で、証券業界全体で共通のルールを設けて運用されている取引形態のことです。
  2. センチメント

    センチメント(sentiment)とは、金融市場においては、市場で形成される「雰囲気」「市場心理」のことをいいます。「強気」や「弱気」といった市場参加者の心理は、特に短期売買においては把握が欠かせない重要な要素です。
  3. ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策とは、その国の中央銀行が市場に資金を大量供給することによって資金余りを生じさせ、金融機関同士が短期資金の融通を行っているコール市場での金利を限りなくゼロに近づけていく目的を持った金融政策のことです。
  4. 線形加重移動平均線

    線形加重移動平均線(LWMA)とは、移動平均線の一種で、単純移動平均線(SMA)よりも直近のレートを重視する調整を加えたものです。
    線形加重移動平均線
  5. 前場

    前場とは、証券取引所における午前中の取引のことです。前場に対し、午後に行われる取引のことを後場といいます。東京証券取引所の場合、前場は9時から11時30分、後場は12時30分から15時です。
    前場
  6. ゼロカット

    ゼロカットとは、相場の急変動などによりFX会社のロスカットが間に合わずに口座残高を上回る損失が発生した場合に、損失分をFX会社が負担するサービスのことです。
    ゼロカット
  7. 政策金利

    政策金利とは、その国の中央銀行が、景気や物価安定目標を達成するために市中の銀行に対して資金を貸し出す際に適用される短期金利のことです。市中の銀行が資金調達をする際の金利なので、銀行が企業や個人に対して貸し出す際の金利等、経済全体のさまざまな金利にも影響を及ぼします。
    政策金利
  8. セリングクライマックス

    セリングクライマックスとは、下降トレンドが続いて相場全体が弱気ムードになっているときに、さらに下降の動きが加速して急落する展開のことです。
    セリングクライマックス
  9. 世界三大市場

    世界三大市場とは、FXの取引量が多い東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場のことを指します。FXにおける市場とは、FXの取引が活発に行われている地域や時間帯を表しています。
    世界三大市場

表示件数:

全件数: 9 1/1


免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する