Select Language

Tradeview(トレードビュー)

Tradeview(トレードビュー)は、2004年創業の老舗ブローカーですが、日本進出は比較的最近で、2016年からサービスを開始しています。アメリカ・ニューヨーク州を拠点とし、イギリス領ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンスでサービスを提供していましたが、CIMAの規制強化に伴い、現在日本人向けサービスはペルーの子会社のもと、運営されています。

Tradeviewの特徴は、狭いスプレッドと、業界最安の取引手数料というダブルのコストパフォーマンスで、取引コストを徹底的に抑えたトレード環境を提供しています。Tradeviewが提供する2つの口座タイプ(Xレバレッジ・ILC)のうち、圧倒的に人気の高いILC口座は、平均スプレッドが、USD/JPY 0.3pips、EUR/USD 0.2pipsと低水準なスプレッドでありながら、片道$ 2.5(USD)相当の低い取引手数料を実現しています。コスト重視のトレーダーから高い評価を得ているILC口座ですが、海外FXブローカーにしては、最大レバレッジが低い点が、残念なポイントです。ILC口座の初期レバレッジは100倍で、レバレッジの引き上げには申請が必要となります。口座残高等の基準(基準は非公表)を満たすことができれば、レバレッジを引き上げることができますが、それでもマックス200倍までが限界です。Xレバレッジ口座においては、最大500倍のレバレッジが利用できますが、平均スプレッドは、USD/JPY 2.1pips、EUR/USD 2.0pipsと広く、これといった特典もないことから利用者はあまり多くありません。

コストに加え取引プラットフォームのラインアップが豊富な点も、Tradeviewの魅力です。MetaTrader4/5に加え、Tradeviewでは、cTraderでトレードを行うことができます。cTraderは、MetaTrader4/5ほど知名度の高いプラットフォームではありませんが、ドテン決済注文や一括決済といったMetaTrader4/5には実装されていない便利な機能があり、一部の裁量トレーダー層から人気のツールとなっています。

Tradeviewのデメリットは、ウェブサイトや、ポータルサイトには全く力が入っておらず、複数の取引口座を一元管理できないポータルサイトは、ユーザーフレンドリーが完全に欠如していると言えます。その上、日本人スタッフが常駐していても、人数が少なく日本語サポートが安定していないことから、海外FXに慣れていなければ不安を感じる場面も多々あるかもしれません。また、取引コストで勝負しているTradeviewは、ボーナスやキャンペーンなどを一切行っていません。取引コストが低い海外FXでは、インセンティブプログラムが少ない傾向にあり、Tradeviewもその中の一つです。海外FXに慣れていて、かつ取引コストの面でメリットがあれば、多少の不便な点は目をつむれるという中級者~上級者ユーザーが利用することが多いブローカーです。

公式サイトへ

良い点

  1. スプレッドが狭い
  2. 取引手数料が安い
  3. 取引ツールが豊富

悪い点

  1. ポータルサイトの使い勝手が悪い
  2. 日本語サポートが充実していない
  3. ボーナスプログラムがない
  4. 最大レバレッジが低い

運営会社

会社名:
Tradeview Financial Markets SAC
本店住所:
Los Mirtos 239 Urb. San Eugenio, Lince, Lima, Peru
金融ライセンス:
なし(ペルーでの法人登録)
創業:
2004年
資本金:
非公開

日本語の対応とサポートデスク

日本語サイト:
Webサイト・ポータル共に日本語対応
取引ツール:
MetaTrader4/5、cTrader全て日本語対応
日本語サポート:
日本人在籍。9名のサポートデスクで、メールによるユーザー対応を実施。
サポート対応時間:
(月曜)6:00~(土曜)6:00(日本時間)
メールアドレス:
japanesesupport@tvmarkets.com
電話番号:
(+1)345-945-6271

お取引条件と預け金の保全ルール

ロールオーバー:
夏時間:午前 6:00、冬時間:午前 7:00(日本時間)
マージンコール:
なし
ロスカット:
証拠金維持率が100%を下回った場合
両建て取引:
可能
EAの使用制限:
なし
追証の請求:
なし(証拠金がマイナスになった場合、ゼロカットを実施)
預託金保管方法:
信託銀行(BMO HARRIS Bank)による分別保管
破綻時の資金返還方法:
外部会計監査機関Mainstream Group Holdings LTDにより最大$ 35,000(USD)相当額まで補償

口座のタイプごとの条件

取引ツール:
MetaTrader4/5、cTrader
発注方式:
【Xレバレッジ】STP方式 【ILC】ECN方式
スプレッド方式:
変動方式
取引口座の通貨:
日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル(他4通貨に対応)
最大レバレッジ:
【Xレバレッジ】500倍 
【ILC】200倍
初回最低入金額:

【Xレバレッジ】$ 100(USD)相当額 
【ILC】$ 1,000(USD)相当額

1ロットの通貨量:
10万通貨
最小注文数:
【Xレバレッジ】0.01ロット 
【ILC】0.1ロット
最大注文数:
50ロット
合計最大注文数:
10,000ロット
商品(銘柄):

【FX/通貨ペア】:61(*1) 
【CFD/貴金属】:5 
【CFD/株価指数】:10(*2) 
【CFD/エネルギー】:3 
【CFD/仮想通貨】:5(*3)

取引可能時間:

【夏時間】:(月曜)午前 6:05~(土曜)午前 5:55(日本時間)
【冬時間】:(月曜)午前 7:05~(土曜)午前 6:55(日本時間)

取引手数料:
【Xレバレッジ】なし 
【ILC】$ 2.5(USD)相当額(*4)
口座維持手数料:
なし
複数口座の保有:
可能
GMT時差:
【MT4/MT5】夏時間:+3 時間、冬時間:+2 時間

(*1)MT5にて取引できるFX/通貨ペアは58銘柄です。

(*2)MT5にて取引できるCFD/株価指数は9銘柄です。

(*3)MT5にて取引できるCFD/仮想通貨は4銘柄です。

(*4)1注文(片道)あたりの手数料金額となります。

公式サイトへ

免責事項:Disclaimerarw

当サイトの、各コンテンツに掲載の内容は、情報の提供のみを目的としており、投資に関する何らかの勧誘を意図するものではありません。
これらの情報は、当社が独自に収集し、可能な限り正確な情報を元に配信しておりますが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、当社は保証を行うものでも責任を持つものでもありません。投資にあたっての最終判断は、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。

本コンテンツは、当社が独自に制作し当サイトに掲載しているものであり、掲載内容の一部または、全部の無断転用は禁止しております。掲載記事を二次利用する場合は、必ず当社までご連絡ください。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Myforexでは、このウェブサイトの機能向上とお客様の利便性を高めるためにクッキー使用しています。本ウェブサイトでは、当社だけではなく、お客様のご利用状況を追跡する事を目的とした第三者(広告主・ログ解析業者等)によるクッキーも含まれる可能性があります。利用の方針

クッキー利用に同意する